読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロブロスキーのブログ

スキーと釣りが趣味の院卒の30代オッサンのブログ。気まま、手軽、あるがまま

スキー場ノンストップ滑走動画シリーズ3:HAKUBA47

スポンサーリンク

スキー場ノンストップ動画第3弾です。今回は中規模ダウンヒルになりました、HAKUBA47です。

 

数少ない撮りだめ動画を、東京で仕事してからから西日本まで運転して帰る日に公開です。

 

これにはちゃんとわけがあって、予約投稿しといたら楽だからですね(笑)この記事が投稿されるころ、私は東海道を西に向かって走っているでしょう。

 

撮りだめ動画はまだあります。ブログ更新が難しそうな日に、つなぎに使っていく感じになりますが、これけっこう楽しいですね、自分で観ても。

 

今回のは、八方尾根の動画観て、メチャクチャ反省した後、2回目に岩岳で天気が良くないと迫力が出ないことを反省し、吹雪の中ちょっと出た晴れ間に撮影に挑んだ時の動画です。

 

かなり撮影技術は増しています。でも、序盤にレンズに雪がついたり、カメラ触るタイミングでストックのストラップが映りこんだりします。まだまだですねぇ。

 

さて、毎回言いますが、この動画撮影、しっかりした機材はなく、ストックを片手に持って空いた手でコンデジを前に向けて滑る、と言う質素な方法で行われています。

 

ブロブロ君にもやらせるとこんな感じです。カメラを持つ手は手袋はインナーだけはめています。素手でやったら凍傷になりますよ。注意してね。

 

f:id:brobroski:20161224150742j:plain

 

 

途中R-1下部でバテるまで、ストック無のわりにはかなりスピードを出していることも伝わるかと思います。

 

私がどんなにうまく撮影できても、私の追っかけ撮り動画は永遠にアップされないことは前に言ったとおりです。

 

今日もまた、残り物の公開と言う形になりますが、ご容赦ください。しつこいですが、撮りためがあるうちはこうです。

 

さて、今回はパークの聖地、そして本州屈指のモーグルバーンR-3を誇るHAKUBA47です。八方ほどではないですが、結構なロングランになっています。

 

 

スポンサーリンク
 

 

滑走動画は、自撮り棒みたいなの使ってやっているボーダーさんが多いですが、私はケチなので手づかみです。これはこれでいい動画撮れてると思っているんですが・・・なにせレンズに雪がつくのが鬱陶しいですね。

 

1回目はあまりに斜めになってたりしてアレだったので、かなり臨場感のある感じにはなっていますが、やはりもっと晴天だったらもっとよかったのかなと思います。

 

brobroski.hatenablog.com

2回目のときは、天気が良くなくて雪面がよく見えず、スピード感を感じません。ストック無の割には結構飛ばしているんですが・・・

brobroski.hatenablog.com

今回の動画は、雪がついたりストラップが映ったりするのが反省点ですが、なかなかいい臨場感が出ていますね。

 

さて、滑り降りるコースですが、やはり疲れないコースを選んでいます。

 

LINE-E上部(実はここは白馬五竜)から、景色のいいR-1を選択しています。R-1下部の最後のコースは知っている人はわかると思いますが人が多いうえにアイスバーンですから、加減して滑っています。下の方では疲れていますしね。

 

今回私の影が結構映りこんでいますが、ほぼ直滑降だということがお分かりいただけると思います。中級コースでも、ロングコースを全部直滑降と言うのは怖いので、曲がってるところはあるんですが。

 

さて今回もまた茶色いウェアで登場ですが、私はもうこのウェアを着ていないので、スキー場で探しても見つかりませんよ。

 

レンズにどんどん雪がついて行って、見えなくなるくらいになっていますが、途中からだんだん見えるようになります。吹っ飛んでいくか、溶けてなくなるんですね。スポーツ仕様ではないこのカメラは酷使されています。いつ壊れるか、ビクビクしています。

 

まぁ機種はまたそのうち紹介しますよ。

 

それではどうぞ。


Hakuba47ノンストップ滑走

 

過去二回より、やや成長している事がわかるでしょうか。

 

やっぱりここからはコンディションの問題で、あまり進化しないんですけどね。時々カメラを持ち直すときにストックのストラップが入らないように工夫すればこの技術は完成します。

 

岩岳の動画でネタバラシした通り、これからも白馬のスキー場が主です。

 

HAKUBA47は、初心者にはちょっと厳しいコース設定ですが、圧巻の北アルプスの山岳感、そして何と言ってもたまに国家代表レベルの人が練習するコブ斜面R-3が魅力的です。めちゃくちゃうまい人に会えますよ。

 

昔のスキー場みたいに、綺麗に整備したから来て滑って!っていう感じではなくて、リフトかけといたから自由に滑っていいよー、っていう感じの作りになっているのも魅力です。

 

つながっている五竜の下に降りればファミリーゲレンデが広がっています。

 

五竜&47の宿泊施設を探す

 

まだ撮りだめは終わりません、もう少しありますので、動画好きの方は、私が忙しくて更新できない日をお待ちください(笑)