読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロブロスキーのブログ

スキーと釣りが趣味の院卒の30代オッサンのブログ。気まま、手軽、あるがまま

スキー場ノンストップ滑走動画シリーズ2:白馬岩岳

スポンサーリンク

スキー場ノンストップ動画第2弾です。

 

3年前にこれの撮影を始めてからと言うもの、

・すいている日に

・天気が良くて

・朝から滑れる

 

という日が全然ないので撮りだめは少ないです、あっという間に終わってしまうシリーズになるかもしれません。

 

今回は、八方尾根の時に自分で動画観て、メチャクチャ反省した後の2回目に撮影に挑んだ時の動画です。

 

かなり撮影技術が増しています。でも、ちょっと天気が悪いかな。

 

さて、この動画撮影、しっかりした機材はなく、ストックを片手に持って空いた手でコンデジを前に向けて滑る、と言う質素な方法で行われています。

 

ブロブロ君にもやらせるとこんな感じです。ちなみに、カメラを持つ手は手袋はインナーだけはめています。素手でやったら凍傷になりますよ。注意してね。

 

f:id:brobroski:20161224150742j:plain

 

 

これが追っかけ撮りとかに使える技術に進化していくことが、この動画を観て、前回からの成長ぶりを感じていただければわかると思います。

 

そして、お分かりのように、私の撮影技術が上がっても、私の追っかけ動画は永遠に撮影されることはありません(笑)

 

今日もまた、昔の残り物の公開と言う形になりますが、ご容赦ください。撮りためがあるうちはこうです。

 

さて、今回は、学生スキーの聖地、白馬岩岳です。標高差があまりないのであっという間に終わってしまいます。

 

 

スポンサーリンク
 

 

スキーの滑走動画も、反省と工夫でここまで臨場感が出るのかと、たった2回目の撮影ですがその可能性を感じる動画になっています。

 

なにせ1回目はあまりにアレだったので・・・(笑)

 

brobroski.hatenablog.com

 さて、滑り降りるコースですが、疲れないコースを選んでいます。

 

山頂パトロール横からサウス、下山、サニーバレー、パラダイスを選択しています。

 

あまりターンをせずに降りるので、直滑降で下りるのは怖いのもあって必然的に急斜面や不整地斜面は避けることになります。

 

そもそも、割と知り尽くしたスキー場でしかできませんね、これは。知らないスキー場では斜面を確認してから降りますから、泊まりで行って2回目とかならいけるかもしれません。

 

さて、今回も茶色いウェアで登場ですが、私はもうこのウェアを着ていないので、スキー場で探しても見つかりませんよ。ちょっと痩せないと着られないのでね(笑)

 

レンズにどんどん雪がついて行って、スポーツ仕様ではないこのカメラも酷使されています。壊れたら、また買いたいくらい気に入っているカメラです。動画がきれいにとれるので。

 

まぁ機種はまたそのうち紹介しますよ。

 

っていう「そのうち」が結構溜まっている私ですが、それはネタがあるという事、助かりますね。

 

それではどうぞ。


白馬岩岳ノンストップ滑走 ゴンドラ降り場~ゴンドラ乗り場

 

ほら、前回を観ていただいた方にはわかると思いますが、だいぶマシになったでしょう?

 

ここからはあまり進化していないんですけどね。時々ズームを入れたりするのは、カメラが撮影中に勝手にOFFになったりすることがあるからです。

 

結局このシーズン白馬に滞在した以外でほとんど天候とすいている日に恵まれず、白馬エリアばっかりであることはここでネタバラシをしておきます。

 

白馬岩岳は、山頂ゲレンデまで初級者でも行けて、片斜面が少ないので割と練習には良いスキー場だと思いますよ。近隣に大規模スキー場が多いので割と穴場でもあります。

 

白馬岩岳の宿泊施設を探す

 

まだ2回では終わりません、もう少しありますので、動画好きの方は楽しみにお待ちください。