ブロブロスキーのブログ

スキーと釣りが趣味の院卒の30代オッサンのブログ。気まま、手軽、あるがまま

生き方

池上彰の陣内智則への教育的な態度に感心した(番組は見ていない)

先日のテレビ番組で池上彰さんと陣内智則さんの間で面白いやり取りがあったそうですね。 私は番組は見てなくて、この記事を見て知ったんですよ。 news.livedoor.com 簡潔に言えば私は「イイハナシダナー」と思いました。この部分。 陣内は「池上さんはどう考…

自分が苦労したから後進には苦労させない論

大阪駅からヨドバシカメラに一気通貫のペデストリアンデッキが今日、開通しました。 あそこにヨドバシできて、もう15年くらいでしょうか。私のような田舎から出てきた「地下街?なにそれ?」な人間は地上からヨドバシ梅田にアプローチして玉砕していたわけで…

「報われないのは努力不足(※ただし格下に限る)」

私が最後に「うつ」で仕事をドタ休したのはもう何年も前で、前の会社に勤めていた時です。今は病気自体を隠して仕事をしていますが、それでも調子の波があって月に1回くらいはドタ休の危機があります。何十回とそれを乗り越えて出勤しても、危機感は消えませ…

新しいだけの新しいモノが経済を回すためだけに経済を回すのはイヤ

みなさん、社会に貢献していますか。私は・・・自分の感覚としては、していないと思っています。私の仕事は、私が辞めたらそれを誰かがやるだけですし、私がチームで、職場で頑張っていることは我々が止めたら他の誰かがそれをやって金儲けをするであろう仕…

言い訳は宝の山 封殺するのは人格否定

ご機嫌よう。投手として三塁牽制悪送球で無様にサヨナラ負けをしたことがある私です(草野球で、ですけど)。ちょうど今日みたいに、しとしとと雨が降っていたのを思い出しました。こういう暗黒の思い出はいつまで経っても頭にこびりついているものですね。…

デブ思春期を過ごした人は痩せる前にデブである自分を愛することが大事

私は中学で野球部に入ってしばらくするまで、いわゆる「デブ」でした。過去にも書きましたが、物心ついた時にはすでにデブでした。だから別に積極的にデブを選んでなどいません。 後から考えると、見事なまでに体型であらゆることを馬鹿にされる、からかわれ…

「悪い」という認定だけする行為について

今日たくさん仕事の予定が入りました。ツラい。私が「予定」を入れると「今」に集中できなくなってしまう、という話は何度かこのブログで語っている通りです。 brobroski.hatenablog.com 次やることだけが頭に浮かんでいるとちゃんと動作するんですが、その…

今の「当たり前」を疑ってみたことがありますか

久しぶりに「フツー」に仕事をこなせた気がします。私にとって「フツー」とは、2割くらいの力の入れ具合で自分の仕事が定時前に終わり、余った時間で誰かの手伝いをする状態の事です。 正直言ってこれでも仕事に持って行かれる時間が長すぎると思います。「…

「部活」の理不尽なシステム

今日の朝、部活をやっていたころの夢を見ました(私は野球部でした)。夢の内容はよく覚えていないですけど、目が覚めてから、1年生のころ(特に3年生が引退するまで)は、ノックに参加させてもらえることすらあまりなく、球ひろいや走り込みをひたすらやっ…

「お前のため」っていう説教は相手の領域に侵入しすぎ

明日の東京出張が、今日決まりました。急だなおい!でもそのほうが私はありがたかったりします。予定が入ってると「今」に集中できない感じの性格なので、「今からやること」を矢継ぎ早に出されるほうが私はまだまともに動作します。以前こんな記事を書きま…

「みんなでやったから上手くいった」の弊害

乱文モードを通り越して乱心モードになりつつあります、ご了承ください。 最近「手伝い系」の仕事の負荷が高くてムカついています。落ち込んだら自己嫌悪モードになるので、落ち込んでいない分マシなのですが、ムカついています。手伝いで残業させんじゃねー…

服薬を隠して「断酒の言い訳」にしていること

時間指定の荷物を受け取り損ねた悪い子です。ごめんなさい。本当に申し訳ない。この時間に届けろってこっちが指定したのに居ないとかマジやってることヒドいと思います。こんなの小悪魔系美女でも許されない。まして私はオッサン。送料を私が払ってるからっ…

休日の疲れを仕事の日に残すのってそんなに悪いことでしょうか

仕事上がりでバタリと寝てしまいまいした。週末の疲れが残ってたのにプラスして、今日早朝覚醒があったので。うつ病は波が小さくなってきても、なんだかんだいって睡眠の問題というのは長引きますね。 週末の疲れを仕事に残すなんてとんでもない、と言われそ…

人生の当事者として自分の幸福は自分で決めたい

空が晴れただけで心が晴れるなんて、私は単純だなぁと思った日でした。しばらくどんよりした天気が続いていましたからね。ただでさえ寒い時期は気分が落ち込みやすいのに空が曇ってて寒くて、ってなると結構心に来るんです。 この2日ほどちょっと仕事の負荷…

ルーティン通りで大丈夫?仕組化したものもたまに見直そう

連日の残業で乱文モードが続きます。 昨晩、うっすら雪が積もってるのに傘さし片手運転の自転車を見ました。危険行為とかじゃないですよね、自傷行為ですよ、もはや。 その人は多分、いつも自転車で通勤してるんでしょうね。だからいつも通りにしたんでしょ…

「ババ引いた、運が悪い」というのをちょっと見直せるかもしれない話

これは私が取り乱してる時に時々上げる、乱文注意の記事です。 今日勤務中にきわめて近地の出張があったんですが、その時にカワセミを見たんですよね。 ああ、こんなところにいるんだ、って思ったんですけどカメラは持ち合わせていないし、泣く泣く見送った…

楽しいことでも疲れるものは疲れるから休み休みやろうや

たった1日の旅行記を4記事にわたってつらつら書いて、「気分転換になるかな」なんて思ってたら全然なりませんでした。楽しかったけど大変でした。 というのも、アホみたいにたくさん撮った写真からまだマシなものを選んでそれを加工して、加工した結果使える…

失敗したと嘆くよりも自分の選択を尊重してみよう

週初めごろに言いましたが、この週末にスキーに誘われてお断りしました。そこに大寒波到来ですね。お誘いを断ったのは正解だったのか。 そりゃあ、運転しづらいし、平野部でも雪降るらしいから、ヘタすりゃ渋滞で高速に閉じ込められて終了と言うのもあり得ま…

興味をひくモノゴトが過剰に信用・支持される傾向について

アクセス数なんて興味ねーよ、と言っている当ブログですが、ブログというのは上手くやれば1日あたりに数百人、数千人、数万人に一方的にモノ言えるメディアですよね。 その影響力の恐ろしさについて、少し思うことを書きます。乱文ですよ、話が飛びまくりま…

不調で頭がボヤっとするのなら有酸素運動してみたら

今年初めて、私は日常と呼べるものを過ごしています。年末スキーから年始出張で東京に直行、昨日、車で帰ってきました。実に、12日ぶりの我が家ですね。 溜まりまくってた洗濯などいろいろやることはありましたが、なんとか片づけていま、PCに向かえています…

生まれ故郷がない私は出身大学のある地が故郷です

はい、もう出張飽きました。明日もあるとか地獄。家に帰りたい。スキーのメンテしたいし。 飽きたときは懐かしいものを、ということで仕事上がり(明るいうちにさっさと上がった)にホテルに戻ってから車を走らせ、出身大学のキャンパスをうろついてきました…

友達がふるいにかかっていい友人の純度が増したという話

東京出張を年末年始の旅行気分で満喫中のオッサンです。完全におのぼりさんです。 でも、非常に疲れています。 当たり前ですね、仕事納めで即スキーに出かけて、仕事始めの前日までスキーして、それから直接東京に向かって慣れない職場に行って仕事したんで…

改めて2000年から17年にもなるという事に驚愕した

今年って2017年なんですよね。まだまだ西暦2000年「くらい」の気持ちで生きている私です。 2000年って言えば、シドニーオリンピックで野球日本代表が阪神のジェフ・ウィリアムスにコテンパンに抑えられた年ですよね。 ・・・いやー、そんなに昔のことに思え…

働く目的・志望動機が「成長」って、じゃあ成長するのは何のため?

よく出会いますよね、「成長が目的」の人。「仕事を通して成長」、「この経験から成長」、「成長のために旅行」… 日本だけかどうか知りませんが現代日本では、「人間は、一生懸命頑張って、苦労し、成長し続けて立派になる」ことが美徳になっていますね。 で…

二者択一はテストだけにして!白黒思考、二元論からの脱出

快か不快か。できるかできないか。好きか嫌いか。良いか悪いか。まぁたとえは何でもいいです。物事に「多段階」「個別」の視点を持っていますか?二者択一の1ビットになっていませんか? この政党は悪!あの国は親日!年収いくら以上は勝ち組!2位以下は全部…

「強み・長所」ばかりの自己分析を、「好き」の軸でも考えてみようという話

先に言っておきますがこれは超大手企業に入社する魔法の自己分析方法ではありません。 学生が就職活動する段になって、突然「自己分析」というやつが流行りますよね。 ここでは、みんな自分の実績から自分が持っている能力を探したり、今までの経験から自分…

「荷造りが苦手でよく忘れ物をする」をビシッと直すための精神論と物理的対策

私は荷造りが苦手でした。 子供のころも、時間割表を見て荷造りをするんですが、連絡帳(懐かしい!)を見忘れたり、そもそもそれを書き取れていなかったりして、まぁよく忘れ物をしていました。 大人になってもその性質はバッチリ残っていて、旅行に出かけ…

自己啓発書にはスルーすべきところがある

啓発書などに頻繁に登場する、「自分を変える」というフレーズ。仕事でも人生でも恋愛でもダイエットでも、本を読んだらまぁ頻繁に出てきますよね。「世界は変えられない、変わるのはあなただ」とか。 本の初っ端でこういう言葉を使って、これからこの本を読…

みんなが同調してるはずの崇高な理念、主(あるじ)は誰なんだろう

世の中、だいたいの人が組織に所属していると思います。学校を含めれば、少なくとも一度も所属したことない人は・・・赤ちゃんとか就学前の子供くらい?(「いない」、と書きかけて自分の視野の狭さを痛感しました。) こうした組織には何らかの理念がありま…

問題があるとか不幸とか勝手に決めつけられる問題

こんな変なブログに何処からか、辿り着いてしまったあなた、ちゃんと人格を自分で創りましたか?生まれる場所、家柄、能力、容姿、・・・自分で生まれる前にちゃんと設定しましたか?えっ、まさかしてないの?それじゃ「ジコセキニン!」って言われますよ。 …