読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロブロスキーのブログ

スキーと釣りが趣味の院卒の30代オッサンのブログ。気まま、手軽、あるがまま

胃腸が悪い→メンタル不調というパターン

今日は体が鉛のように重くてトイレ以外ずっと床に伏していました。うつ様のご機嫌がよろしくないようです。これが仕事の日だったら行けてないだろうな。休みの日だったのは幸運でした。

 

今やっと立ち上がって水を飲んでパソコンに向かえたという感じです。うつで何もせずに1日を終えたときのこの空しさよ。久しぶりにこんなことになったのでダメージも新鮮で嫌です。仕事休んでないから罪悪感が襲ってこないだけマシっていう感じですかね。

 

実は昨日、食あたりのようなものがあったのですが・・・それと何か関係しているのかもしれません。うつだと思ったら食中毒でした、なんてことは多分ないと思いますが胃腸の調子は特に精神的なものと密接な気がします。私は緊張するとすぐお腹壊しますし。人生の中で試験やら面接やらと名のつくものは基本的にこれとの戦いでした。

続きを読む

巣から落ちた?キジバトの雛に遭遇してオロオロした話

朝、キジバトの巣立ち雛?がうずくまっているのを発見しました。全然飛べる様子もなく、人を怖がる様子もなしです。ただ、歩くことはできる様子。

 

あたりを見回しても巣があるわけでもなし。こういう時どうしたらいいんだろ・・・?とスマホで雛さん撮影後、目の前で何をしたらいいのか検索。

 

・・・どうやら放置するのが基本のようです。ハトは巣立ってからも、こうやって地を這いながら親鳥にエサをもらって少しずつ飛べるようになったりしていくものなのだそうです。(すげー生存率低そう)

 

ただ、明らかに車に轢かれそうな場合などはそっと木陰などに保護してあげてもいいようですよ。「一度人間が触ったらその雛は放棄される」というウワサは嘘らしいです。野鳥を触ったらちゃんと手を洗ったほうがいいでしょうね。

続きを読む

「報われないのは努力不足(※ただし格下に限る)」

私が最後に「うつ」で仕事をドタ休したのはもう何年も前で、前の会社に勤めていた時です。今は病気自体を隠して仕事をしていますが、それでも調子の波があって月に1回くらいはドタ休の危機があります。何十回とそれを乗り越えて出勤しても、危機感は消えません。

 

本来起きるべき時間の1時間前には起床して鉛のように重い体で服薬し、また横になって最悪の気分に耐え、効いてくるのを待ちます。運動が少ない日の仕事上がりには残業があっても有酸素運動をすることを心がけており、しんどくてもあえてウォーキングやジョギングを10kmくらいしています。やらないと眠れなくなるからです。

 

現状を維持するためにやっていることです。成長や自己実現のためではありません。私の場合、歩くことなどそれ自体が好きなのもありますが現状維持(出勤)のためには、最低限これくらい必要です。

続きを読む