読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロブロスキーのブログ

スキーと釣りが趣味の院卒の30代オッサンのブログ。気まま、手軽、あるがまま

今年になってから遭遇した爬虫類たちを紹介しよう

休みの日は狂ったように釣りに行っています。スタイリッシュなイメージのある(気がする)ルアーフィッシングでも、素朴なイメージのある(気がする)フナ釣りでも、それを狙えばそれが釣れるといった良い季節になりました。

 

5月初旬ぐらいから梅雨入り頃が魚釣りには快適です。晩春にもなってくると変温動物たちも活発になってきますね。今日はそんな中、混じりっけなしの身近すぎる「爬虫類」たちでも貼っつけていこうと。釣りしてたら出会いまくるのでね。たとえオシャレなルアーフィッシングをしていても出会います。水辺に行って魚しかいないなんてことはないわけです。水辺にはいろんな生きものがおります。多様なのは良いことです。綺麗なのもカッコイイのもキモいのもいます。

 

冬頃にやたら鳥シリーズをやりましたが私は鳥類に特にこだわりがあったりはしませんし、むしろ子供のころ「つかまえて飼育する」ができなかったので鳥類に関しては疎いのですよね。

 

爬虫類。怖がる人が多いです。恐竜みたいだからでしょうか?それなら私に言わせれば鳥だってよく見たら脚とか目とか恐竜みたいなんですよね。爬虫類が魚みたいにヌメッってると誤解している人もいるようですが、基本的にカサカサです。触っても気持ち悪くないですよ。

 

世間一般の怖いとかキモいとかの紋切型の見方だと爬虫類はだいたいアウトなのでしょう。が、その昔エリマキトカゲが可愛いと大ブームを起こしたこともありますし、そんなステレオタイプは結局その時代に影響力のある媒体の報じ方によって刷り込まれたものではないかと思うのです。蜘蛛が出てきたらキモいと金切声があがるのに蟹が出てきたら黄色い声があがって食えてしまうのはなぜでしょうかね。見た目がそんなに違うとは思えません。

 

前置きは終わりです。今日は超身近な爬虫類たちだけです。写真のストックとかないですし。

 

続きを読む

ウォータークローバームチカという手軽な幸せ

ずいぶんと御無沙汰してしまいました。GWは有給で後ろを伸ばしまして、春スキーとか釣りとか行きまくって遊びまわっていたので疲れてて。とかいう、更新滞った言いわけはまぁどうでもいいですね。

 

なんで普段「うつ」とか言ってるやつが遊びまくれるんだ!仕事しろ!と言われるかもしれません(私の場合、仕事はしてますけど)。これ、うつの回復過程の人に良く浴びせられる言葉です。そりゃ変ですよ。よくよく考えてみてください、仕事と遊びとどっちが精神的ハードル高いかって、そりゃ仕事でしょう。

 

うつになってしまった人が遊び始めたら、それは喜ばしいことなのですよ。だからって、「次は仕事だな」とかまだ到達できていない段階の事を言ってしまう人がいますが逆効果なのでやめましょうね。

 

続きを読む

親指を骨折したままピッチャーを続けた鉄人と、うつ病

3月に行ったスキーで怪我した右手親指が痛いままです。釣りに支障が出ています。この記事で書いたやつですね。

 

brobroski.hatenablog.com

 

昔、スキーで同じところを怪我したことがあるんですけど、その時は数か月後に別のけがでレントゲンを撮った時に「骨折の形跡がある」と言われたんですよね。

 

えっ?てなりますよね、だって私はその折れた親指でその後ずっと野球部で投手をしてたんですから。いや、そりゃもちろん痛かったんですけどね。折れてるなんて思ってなかったんです。外科に行ってもだいたい湿布出されて終わるのがオチだと思ってたんで、その時いかなかったんですよ。

 

結局、骨折に伴って指周りの靭帯が伸びたまま治ったみたいで、以来親指の付け根の関節がゆるゆるで治らず、カーブのコントロールができないクソ投手になりました。もともとクソPだったので輪をかけてですね。

続きを読む